歯の無いところの骨に埋入

歯の無いところの骨に埋入

インプラント治療は、歯を失った、歯の無いぶぶんの骨に埋入していきます。インプラント治療を選択しないでした場合には、取り外しの義歯か、ブリッジができる場合はブリッジとなるんですけど、どちらも歯を失ってる部位にかかってしまう力をかわすことができても、歯が減っていることに変わりはなく、受け止める歯の力は減っていってしまいましたとしてましたとしていましたんだとしてましているのです。特に隣在歯(隣の歯)が全く傷んでいない健康な歯の場合にブリッジを行わないとどうしょもない場合は、歯を大量に削合する必要が出てしまい、人工物によりカバーする範囲が増してしまうでしょうでしょうんです。それに比べ、インプラントは、骨に埋入しそこから立ち上がるため、新しい永久歯が生えてきたような状態を作ることが出来ることがメリットとなってくるのでしょう。取り外しの義歯は、粘膜にのせるだけなので、日々の柔らかい粘膜の浮き沈みの影響を受けますし、粘膜下の骨が全く平らという訳でもなくなりましてしまいましてしまったので、骨が尖っている部分が残っている場合には、粘膜が平らであったのでしたんだとしましても、なぜだか義歯で咬むと痛といいましたことがおこることが出てきます。なにしろ、義歯は、粘膜上のせているだけですので、自然な形とは言い難いものがあるのです。

トップへ戻る