外側の頬側骨(唇側)の骨が吸収

外側の頬側骨(唇側)の骨が吸収

インプラントフィクスチャーは、歯があった同じところに入ると考えられている方がほとんどだと思いたんですけど、実は違いましているのです。歯を抜くと骨の形は変わってしまいましたとしてましてましているし、歯周病に侵されましましましましたり、根尖病巣などを放置して慢性炎症が長かったり、咬合性外傷や抜歯のやり方などしかしながら、歯槽骨の形状に影響を及ぼします。特に外側の頬側骨(唇側)の骨が吸収してしまうでしょうでしょうんです。それに増して、インプラントフィクスチャーは円柱形ですので、周辺に1ミリ以上の骨がないと安定しない。その為、さらに内側の舌側(口蓋側)にインプラントフィクスチャーの中心がきてしまうため、歯があった時と、インプラントが持ち込んだ時では、位置が内側にずれるという現象が起こってしまいいます。インプラント治療の難易度を考える時、当然全部歯が無い方にインプラント治療を行うのは、高度な技術が必要です。でも、全部歯がない人ばかりでででではなく、いちいちのインプラント治療において、元あった歯の状態に近寄れる技術にも難易度がありましてしかるべきではないのか?一本のインプラント治療しかし、自然な機能や美しさを確保した歯を人の手でつくるのは、とっても難易度が高いものでしょうけど、実際に気にされるのは、前歯などの見えます部位なので、上の前歯のなどが一番難易度が高いともいえる。

トップへ戻る